日韓合意の再交渉には韓国は日本の違法行為を具体的に指摘するしかない

慰安婦合意の見直しや破棄に関して、韓国政府は今のところ具体的なアクションを起こさず、まずは合意過程の検証などをするようですが、もし自分なら、合意の中の「責任」が法的責任なのか道義的責任なのか明示されていないところに目を付けて、日本が法律違反を犯したことを具体的な例を挙げて説明し、あれは法的責任だと主張しますね。

もちろんそんなことができるのかという問題はありますが、もしそれができたと仮定して、日本がもう不可逆的に解決したことだと言って無反応なら韓国側の勝ちですね。日本が言い返さなければ、世界は日本が反論できなかったと見做して、韓国の思惑通り、日韓合意の中の「責任」とは法的責任だと認めることになるでしょう。

恐らく日本としてもそれは分かっているでしょうから、韓国政府の指摘が具体的であればあるほど、日本としても具体的な反論をしていくことになるでしょう。しかしそれも韓国にとっては改めて日本を議論の場に引きずり出すことに成功したことになるのは確かです。合意の再交渉に日本を引き入れるには、恐らく韓国としてはこれしか方法がないと思います。ベルタ葉酸サプリ 薬剤師