みんな知っている昔話、桃太郎。意外とストーリーを忘れていませんか

昔々・・・から始まる物語。
多くの人が思い浮かべるお話は「桃太郎」ではないでしょうか。
子どものころ読んだことがあるお話ですが、
大人になると意外とストーリーを忘れているものです。
あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おばあさんが選択としていると、大きな桃が流れてきました。
おばあさんはそれを家へ持ち帰り、おじいさんと包丁で切りました。
すると中から男の子の赤ちゃんが出てきたのです。
赤ちゃんは桃太郎と名付けられ、すくすくと育ちました。
一方で村では鬼ヶ島で暴れる鬼が恐れられていました。
ある時桃太郎は言いました。「わたしが鬼退治に行きましょう」
そこでおじいさんとおばあさんはきびだんごを持たせました。
鬼ヶ島へ向かう途中、ももたろうは犬、キジ、サルに出会いました。
きびだんごを分けてやり、一緒に鬼退治へ向かいました。
桃太郎たちは力を合わせて鬼退治をしました。
そうして村にはまた平和が訪れました。キレイモ カウンセリング

大事な我が子たち、かわいく成長しています

子供の可能性を引き出す親でいたい、そうあらなければ、と、思ってました。
でも、それは頭の中でこねくり回して考えて、至近距離からの観察で本人の中身を探ろうとすることでした。
全てが誤りだったとは思えないけれど、そのためにかえって良くない循環を生んでいたということも、確かです。
ここ数年で、ようやくその事に気づき、時折自分の中で調整をつけようと努めています。
上の子は中学校1年生・・・・これまで長い事、母の誤った見立てのために苦労をさせたのかもしれません。
そう考えると不憫です・・・。
しかし今からでも、十分素敵に成長していってくれてます。
少しずつ、自分自身の意思で”良い方向”へ進もうとしている印象も受けます。
基本、真面目なんです、わが子たち(特に上の子)。そういう資質は根底にありながらも、
・・・・楽しむことは楽しむとか、新しく学習することへは嬉しい気持ちで取り組むとか、素直で純粋で、かわいいんです。
こののち、10年もしたら、私自身にこんな感慨深い気持ちがあったことすら、忘れてしまうのでしょうか。
寂しいような、未来にワクワクするような、そんな気分で、登校する背中を見送りました。

ニーア関連の、待ちに待ったグッズが届いた!

今日、代引きでニーア関連のグッズが届くのです。
前日からわくわくして、早く欲しいなぁと思っていました。
元々ニーアはオートマタから入って、楽しいゲームだと思い、一気にファンになりました。
ですが、その頃はちょうど仕事が忙しく、なかなかゲームに時間をさくことが出来ず、全てのエンディングを回収した頃には、発売日に購入したのにも関わらず半年以上経過していたのです。
そのため、グッズが欲しい、と思って公式サイトをみても、もうどれも品切れでした。
ところが最近Twitterをみていると、音楽劇という、ニーアの舞台なのですが、それのグッズが通販で再販される、という情報を手に入れました。
これは良い機会だ、と思い、販売サイトをみたところ、欲しいものが並んでいてすごく嬉しかったです。
クリアファイルはもちろんのこと、クリアポスターだとマスキングテープがあれば自室に貼れますし、商品にベタつきが残るわけでもないですから、重宝しています。
またショッピングバッグにロゴが入っていますが、ワンポイントでわかりにくく、日常で使うのには便利だと思いました。
そのため通販で頼み、本日!無事に手元に届きました!
クリアポスターはマスキングテープで飾り、クリアファイルとショッピングバッグはグッズ用のボックスの中にいれています。
クリアポスターを眺めているだけでも、ニーアの世界を思い出してまたゲームをやりたくなります。ミュゼ 90円

旦那さんのお陰でハーバリウム作りに集中出来ました。

旦那さんが休みのときに、子どもを預かってもらい、マルシェ用の作品作りに専念しました。
ずっと作りたいと思っていましたが、日々の生活の中ではなかなか時間が取れず作れずにいたハーバリウム。

まずは、ハーバリウムから作ることにしました。
材料はちょくちょく買って集めていたので揃っていました。
その材料を使って、どんどん作っていきましたよ。

作るのはすごく楽しいです。
瓶にドライフラワーを詰め込んで、オイルを入れると素敵なハーバリウムの出来上がりです。

花材の組み合わせや色合いを見ながら決めていくのがすごく楽しいです。
今回はロングボトルの他に、ショートボトルも作ってみましたよ。

ロングとおそろいで作ったものもあり、なかなかいい感じに出来ました。
クリスマスが近いので、クリスマスをイメージして作ったものもあります。
友達に写メを送ったら、そのクリスマスバージョンいいねとすぐに気づいてくれました。
たくさんの人の手に取ってもらえますように。キレイモ 周期

じっくり見たかった番組「ビンの中のお父さん」

ドキュメンタリー番組で「ビンの中のお父さん」という一時間番組がやっていました。
しかし私はその時は内職をしていたのでゆっくりじっくり見ている余裕はありませんでした。
ちゃんと見ることが出来なかったけどまともにこの番組を見てみたかったなと思いました。
この話は原爆で被爆してなくなった男性が献体に掛けられたという話らしいのですが、本当に残念なのですがちゃんと見ることが出来なかった為にそのことくらいしか分からないのです。
戦争のこととかに興味があるのでしっかり見たかったのですが、仕事を出来るだけ早く終わらせたいという気持ちが勝ってしまってみることが出来ませんでした。しかし、娘さんはまだご健在でびんの中にお父さんが眠っているなんて不思議な話ですよね。
普通はお墓に入ると思うのですが、長崎大学で研究の為に使われているようなので役には立ってはいるのでしょう。
だからと言ってあまりにも悲しすぎますね。
父親と再会が出来たと思ったら便の中にいるのですから。

結婚してもやっぱり女性は綺麗でいなくちゃ

結婚する前はバリバリ働いて独身生活を満喫して仕事が終われば飲みに行ったり
休みの日は自分のしたいこと(ショッピングとか)してそれはそれで充実した生活を送っている女性は多いと思います。
でも、結婚したり子供を産んだりした女性って少しずつ環境が変わってきて
庶民的な女性になる人も多い。自分にお金をかけられなくなってくる・・でもそれは言い訳だと思う。
男性からみるとそういう女性は家庭的と思う男性もいるかもしれませんがやはり自分の奥さんは綺麗で居てほしいと思います。
めちゃくちゃお金をかけてお洒落してほしいまでは望んでいなくてもそれなりに綺麗にしといて欲しいと思っていると思う。
たまには美容院へ行って気分転換したり、ネイルへ行って手元からお洒落してみたり
まつエクをして少しイメチェンしてみたり、そういう時間も大切だと思う。
結婚しても私はお洒落で居たいので、定期的にネイルも行くしまつエクも行って気分転換しています。
綺麗にしておくと気分もいいし頑張ろうという気になれます。即日融資 おすすめ

机をDIYしたらなんかいい感じのものができたので大変満足している

先程まで少し大きめな机をDIYしていたのだけど、いい感じのものができたので個人的には大変満足しておりますが、依頼側の方がどう評価してくれるか気になる所であります。依頼側の要望にしっかりと応えた感じとなっていますが、実際に実物を見てもらい納得がいけばこのまま引き渡す感じとなっています。

少し修正して欲しい部分がある場合は再作業という感じで少し待ってもらう事になりますが、どうなるかですね。とりあえず、1時間後には依頼主が工房までくるのでその時にしっかりと説明をしたいと思っています。リーズナブルな料金で机のDIYをしたつもりではありますが、チップ的なものを依頼主の方が出してくれたらそれはありがたくもらおうかなと思ってます。こちらも少しでも多く利益を得て、他の依頼主からの要望にも応えないといけないので資金が必要となるわけであります。

といってもなかなかチップ的なものは出してもらえませんが出してくれたらラッキーとぐらいとしか思っていないです。アイフル 無人契約機

カード社会の到来で現金は不要になるのだろうか

5年後に1万円札が消滅するかもという記事を目にした。
政府は日本をカード社会にしたいのかと思った。
確かに、日本はカード払いが多くはなってきているがやはり現金払いが、いまだ主流だと思う。聞いたことがあるが、アメリカの場合、
偽札が多かったので、支払いの時に100ドル札を出すと歓迎されないと言われていた。20ドル札や10ドル札なら問題ないが。それも、使い込まれた汚いお札の方良いと聞いた。
それだけ、多くの人の手に渡っている証拠なのだ。だから、アメリカに行く時に日本で米ドルを買うと、銀行はすべて新札で渡してくれるが、
ありがたいのだが怪しまれるじゃないかと内心思ていたものだ。アメリカではカード払いの方が店としても偽札をつかまされることはないということで安心ということなのだろう。
また、ブラジルへ行った時に思ったが、あちらもカード社会でちょっとした買い物でもカードでみんな支払っていたのを覚えている。へ〜と思ったのは、
現金払いなら割引してくれる店が多かったことだ。やはり、店としては現金が欲しいのだろうと思ったものだった。
海外旅行をしているとカードを盗まれたら色々と手続きが面倒だが、たとえ悪用されても保証がついているが、現金は盗まれたらまず戻ってこない。
しかし、やはり緊急時に一番頼りになるのは現金だと思っている。だから、旅行の際はある程度現金を必ず用意している。

食事の後にはすぐ洗い物をするようにしたい

食事をした後の洗い物というのはとても面倒くさいものです。
そもそも洗い物自体は、料理するのと違って、何かを生み出す行為ではありません。
それに、ご飯を食べた直後というのは、お腹いっぱいでなかなか動く気分にもなれませんよね。
結局、いつもはしばらく放置してしまい、少し立ってからしぶしぶ洗い物をするという感じです。
なので、「ごちそうさま」と言ってすぐに食器の片付けができるという人は、本当にすごいと思ってしまいます。
ただ、最近、頑張って食べた後に洗い物をするようにしています。
いつもご飯を食べた後にお茶を飲んで一息つくのですが、それが腰を重くする原因ではないかと思いました。
すぐに洗い物をしてからお茶を入れた方が気分もせいせいしてゆっくりお茶も飲めるというものです。
一度エンジンを切ってしまうと、またエンジンを温めるのには時間がかかります。
なんでもかんでも後回しにせずに、やらなきゃならないことは先に済ませた方がいいというのは、仕事でも家事でもおなじかもしれませんね。アイフル 問い合わせ

新しいちくわ料理、ちくわのねぎ焼きを作ってみました

最近初めて作った料理は、「ちくわのねぎ焼き」です。
輪切りにしたちくわとすりおろした長芋、刻んだネギ、片栗粉、塩などを混ぜて、フライパンに入れ、両面を中火でこんがりと焼き付けます。
タレはポン酢です。酢をたくさんかけて食べるのも美味しかったです。
ちくわが大好きなのですが、キュウリをちくわの穴に入れるものしか作れなかったので、テレビで見て、ぜひ作って見たいと思い、作ってみました。
食感はお餅のようにもちもちとしていて、ちくわの塩味が程よく効いていて、シンプルな味でなかなか美味しかったです。
家族も美味しいと言って、食べていました。簡単にできるので、定期的にまた作ろうと思います。
切って混ぜて焼くだけなので、あっという間に出来上がります。時短になるし、節約にもなります。腹持ちもいいです。
また自分の料理のレパートリーが増えてうれしいです。次は何を作るか考えるのが楽しいです。
もっとちくわを使った料理のレパートリーも増やしたいです。